冬の温泉は、夏の温泉と何が違う!?違う内容を詳しく分析!

by admin

体感温度の違いが現れる

温泉と言うのは、年中癒しを与えてくれて楽しめる物ですが、同じ温泉でも季節によってその効果に違いが現れますよ。特に、大きな違いとは、体が感じる体感温度が挙げられます。例えば、気温が30度の中で、水温が30度であれば、差は感じられませんが、氷点下の中から水温30度であれば、その差は大きく感じますよね。冬場の温泉と言うのは、寒い中からより温かさを感じる事が出来まして、温泉その物を楽しむ事が出来ますよ。温泉は、室内と屋外に分かれますが、屋外の温泉もお勧めの一つと言えるでしょう。


冬場の温泉は、行動力を高めてくれる

冬場と言うのは、あまり動きたくないと思ってしまう事もありますよね。冬場は体を温めるために多くのエネルギーを必要としまして、この中で動く行動は更に消費エネルギーが高まる可能性があるため、動きたくなくなるとも言われていますよ。温泉に浸かれば、温めるためのエネルギーを体を動かすエネルギーに回す事が可能となり、行動を起こ易い状態に持ち易くなりますよね。冬場と言うのは、行動を抑える事によって会社内が暗い印象にさせてしまう事もあるため、社員全員揃って温泉に出向くのもお勧めの一つと言えるでしょう。


冬場の温泉の注意事項とは

寒い場所から、急に温かい場所に体を移した場合、体は何かしら危険な刺激が訪れているのでは無いかと一瞬に判断をしてストレス反応を引き起こす事がありますよ。ストレス反応と言うのは、攻撃態勢に移る反応とも言えまして、血管を細くして圧力高め、栄養を届けるために血流の流れを早めようとします。寒い場所では、熱を極力逃さない様に、面積を減らすため血管が細くなっている事もありますよね。つまり、血管が細くなっている状態でストレス反応を引き起こせば、血管が切れて失神してしまう可能性があります。冬場の温泉は、ぬるま湯で体を慣れさせてから、徐々に熱い温泉へと移って行く事が大切と言えるでしょう。



スキーツアーに参加をすることで、格安価格で各地のゲレンデまで出向くことができるため、交通費の節約にもってこいといえます。

Comments are closed.